スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクロモモンガの てとちゃん(Kanazawa)

こんにちは!

新年明けましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は、フクロモモンガの てとちゃんをご紹介したいと思います

フクロモモンガさんはブログ初登場かな…?

てとちゃんは1歳の女の子
飛膜を自分で咬んでしまい、
傷になってしまったということで通院されています。

DSCF7648.jpg

しっぽがくるんと巻いているのがたまりません

カラーの装着を頑張っているので、可愛いお顔が見えない…!
というわけで、

DSCF7643.jpg

お顔のアップ!

DSCF7644.jpg

さらにどアップ

大きな目がこぼれ落ちそうです…

こんな潤んだ目で見つめられたら
なんでもしてあげたくなりますね

チワワが出てくる某CMを思い出します


傷は徐々に良くなってきているものの、
まだ痛々しさが残ります

DSCF7645.jpg

体の小さい動物一般に言われていることですが、
どうも特にフクロモモンガさんは
自分の傷に対して繊細な子が多いようで、

小さな傷や、手術のあとを気にして舐めたり咬んだりし、
傷を悪化させてしまっているのを良く見かけます

てとちゃんのようにカラーを付けたり、
何かで気を逸らしたり、ストレスを解消してあげたり…
対策は色々とありますが、

何せ気持ちの問題でもあるので、
特効薬はないんです

本人と飼い主さんの根気と
悪くなるのを抑える手助けのお薬で
頑張っていきましょう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミニペットクリニック

Author:ミニペットクリニック
埼玉県川口市にあるエキゾチックアニマル専門の動物病院“ピジョンミニペットクリニック”と申します。
日々の出来事や病院の情報、豆知識など、病院スタッフが綴っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします☆

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。