スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保温グッズ(Kanazawa)

こんにちは

本当に、寒いですね…
最近朝起きるといつもおなかが痛いのですが、
人間の病院に行ったほうがいいでしょうか(笑)

先日の
石塚さんの記事
長尾先生の記事の流れに乗って、今日は
お部屋の暖房だけではしっかり温められない!という場合に役立つ
動物さんたちの保温グッズについて書きたいと思います


病院には専用のグッズもありますが、
今回ご紹介するものは一般的に手に入るものなので
お家での使用もご検討いただければと思います

まずは、パネルヒーター。

IMG_3557.jpg

ケージの下に敷くタイプです
手に入りやすく、設置も簡単

床だけが熱くなりすぎていないか?
空間も温まっているか?
に気をつけることが大切です。

次に、放熱するタイプのヒーター。

IMG_3556.jpg

左が赤外線セラミックヒーター。
主に爬虫類に使用されます。
空間を強力に温かくしてくれ、
光が出ないので昼夜の感覚を狂わせないのがメリットです


右はひよこ電球が入ったタイプのヒーターです

空間をじんわりと温める作用に優れていて、
ワット数がいくつかあるので
置く場所などによってぴったりなものを選ぶことが出来ます。

どのタイプを使っても、
熱くなりすぎないようにすること
動物が自分で調節できるように、避難場所を作ること
コードなどをかじられないようにすること

等には、十分気をつけてください

やけど・火事注意です!

温めた空気を逃がしにくいように
ケージを覆ってあげることも有効ですが、

ケージの中に引き込まれてしまうことや、
ヒーターとの併用で焦げてしまわないように
注意してくださいね



「空間を温める」と何度も書いていますが、
ちゃんと温まったかを確かめるには…

動物の近くに温度計を置くのが有効です

暖房の設定温度をちゃんと設定しても、
部屋の中で温かさにムラが出てしまうものです。

というわけで、病院で使っているのは、
こういった小型のタイプの温度計です。

IMG_3559.jpg

かじられない範囲で、ケージのなるべく近くに置くことで、
「動物が感じている温度」を計るようにしています


他にも、こんな保温方法がある!
という情報がありましたら
教えてください

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【保温グッズ(Kanazawa)】

こんにちは本当に、寒いですね…最近朝起きるといつもおなかが痛いのですが、人間の病院に行ったほうがい

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミニペットクリニック

Author:ミニペットクリニック
埼玉県川口市にあるエキゾチックアニマル専門の動物病院“ピジョンミニペットクリニック”と申します。
日々の出来事や病院の情報、豆知識など、病院スタッフが綴っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします☆

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。