スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギの避妊・去勢(Kanazawa)

IMG_34522.jpg

こんにちは!獣医師の金澤です

ブログをご覧になっているうさぎオーナー様方は、
お家のうさぎさんの避妊・去勢について考えたことはありますか?

わんちゃんねこちゃんに比べて、
うさぎさんは手術を受けていない子が多いですよね。

色々な考え方があるとは思いますが、
毎日たくさんのうさぎさんたちと出会い
病気や悩みの話を聞かせていただいているミニペットクリニックとしては、

もっとウサギの避妊・去勢が広まってくれたらいいな~と感じています。

避妊や去勢をすることのメリットは、

繁殖を防ぐ
  ウサギは繁殖力が強く、男の子と女の子を一緒にしていると
  すぐに子供が産まれてしまいます
  子ウサギは可愛いけれど…
  万が一増えすぎて飼いきれなくなったら大変です。
 
病気を防ぐ
  中高齢になってくると、生殖器の病気が増えてきます。
  乳腺や子宮、卵巣、精巣の腫瘍、子宮に膿が溜まる病気など。
  どれも、命に関わり得る恐ろしいものです
  健康で長生きして欲しい!!何よりの願いですよね。

問題行動を減らす
  100%ではありませんが、マウンティングや尿スプレー、
  攻撃行動を減らすことが出来ます。
  人間とウサギが一緒により幸せに暮らせるようになる、 
  ひとつの助けになると思います

…ということ。

良い事がたくさん
しかも、手術自体は難しいものではなく
日帰りで出来てしまう場合もあります

ちなみに手術に最適な年齢は2歳くらいまでですが、
それ以上でも健康状態によって、
全く問題なく手術を行える場合が多いので、ご相談ください


手術に危険はないの?
 危険のとても少ない手術ではありますが、
 命あるものを相手にしている以上、
 100%絶対に安全と言い切ることは出来ません。
 しかし、手術の前にしっかり検査や処置を行うことによって
 リスクを最小限まで下げることが出来ます。
 コンディションがあまり良くないと判断した場合には
 手術を見送ったり、手術をしないことをお勧めすることもあります。
 それぞれのうさぎさんの状態に合わせて、
 ゆっくり話し合って決めましょう

痛くてかわいそうじゃない?
 動物にも痛みがありますので、手術のあとは多少痛むと思います。
 ですが手術中は麻酔をかけていますし、
 手術の前後に痛み止めのお薬も使います。
 多くの子が2~3日で傷口を気にしなくなってしまいます。
 むしろ痛みよりも、大好きな飼い主さんとしばらく
 離れていたことで拗ねてしまう子が多いようです

ウサギの避妊・去勢のこと、少し身近に感じていただけましたか?

もちろん絶対にしなければいけない!!というわけではありませんので、
選択肢の一つとして
是非一度ご検討いただければと思います

手術のご相談のみも大歓迎ですので、
悩み中の方、何かわからないことがある方はご連絡ください

ちなみに、我が家のウサギ、シューちゃんも最近去勢手術をしました

次回はシューちゃんをモデルに、
去勢手術の流れをご紹介したいと思います!

IMG_3461_20121026162029.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミニペットクリニック

Author:ミニペットクリニック
埼玉県川口市にあるエキゾチックアニマル専門の動物病院“ピジョンミニペットクリニック”と申します。
日々の出来事や病院の情報、豆知識など、病院スタッフが綴っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします☆

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。