スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギの”食滞”が増えています(Kanazawa)

こんにちは!獣医師の金澤です

最近、このミニペットクリニックで
ウサギさんの"食滞"でいらっしゃる方が増えています

食滞とは胃腸の動きが悪くなり
食欲不振や便秘が続く状態のことで、
ウサギさんには元々かなり多い病気です。

それにしても最近特に増えているというのは…

前の記事で石塚さんが書いているように、
換毛期であることや、
季節の変わり目で気温差が激しいこと
などが原因ではないでしょうか

この病気、場合によっては命にかかわる恐ろしいものです
なので是非予防をということで
この記事を書いてみました。

ウサギの食滞の原因として主なものは

・繊維質の不足
・毛を食べてしまうこと
・急激な気温の変化
・その他精神的ストレス

なので、予防としては

①繊維質の多いごはんを食べさせる
  とにかく牧草メインの食事をおすすめします!
  主食用のラビットフードはもちろん与えて良いのですが、
  麦類などのおやつは消化管の動きを悪くする原因になるので
  なるべく控えましょう。
  (大好きなウサギさんが多いので、あげたくなる気持ちはわかるんですけどね~)

②ブラッシングをする
  換毛期は特に!
  それ以外のときも頻繁にしてあげましょう。
  毛は消化できないので、おなかの中に溜まってしまいます。
  毛でつながったうんちが出ていたら要注意!

③温度管理をしっかりと
  ウサギの最適温度は22℃程度といわれています。
  そこまで神経質にならなくても良いですが、
  急激な変化はないように気をつけてください。

④その他ストレスの無いように
  騒音、振動や環境の変化など…
  ウサギはストレスに弱い動物です。
  なるべく穏やかな生活をおくらせてあげましょう。

さて、だらだらと書いてしまいましたが…

どんなに気をつけていても、なるときはなってしまうのが病気というもの

食欲が無いようだ、うんちが出ていない、
うんちの形がおかしい…

もしそんな様子に気付いたら、すぐにご相談ください

早いうちにお薬や点滴などで手助けすることで
大事に至らないですむ場合があります

早期発見のためには
毎日の観察や記録も大事ですね

そんな記録をとてもしっかりしてくださっている飼い主様がいらっしゃいますので、
ご紹介したいのですが
長くなってしまったのでまた次回!

そのお宅のウサギさんの可愛い写真を1枚だけ載せさていただきます
シルキーレッキスミニのセナちゃん

IMG_3491.jpg

詳しいご紹介はまた今度~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミニペットクリニック

Author:ミニペットクリニック
埼玉県川口市にあるエキゾチックアニマル専門の動物病院“ピジョンミニペットクリニック”と申します。
日々の出来事や病院の情報、豆知識など、病院スタッフが綴っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします☆

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。