スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スナネズミの食欲不振(uchida)

食欲不振・・・
言葉にすると一言ですが、その原因となるとなかなか書ききれないほどあります。
本人の様子や、飼い主様から見た様子、年齢、種類等々から推理をしていくのが獣医療です。

今回の症例は生後約5ヶ月のスナネズミの女の子です。
急に食欲がなくなり、小屋にこもることが増えたと、来院されました。

病院では動き回っていて、身体検査上は大きく問題はありませんでした。
日々診察をしていて、こういった症例はよく出くわしますが、非常に悩ましいです。
血液検査等が気軽に行える動物であれば、色々調べることができるのですが、小型げっ歯類ではなかなかそうも行きません。
こういったとき、一番頼りになるのは飼い主様からの情報です。
口を気にしているような素振りを見かけるようになったと教えていただき、注意深く身体検査をやりおしてみると。。。

前歯が、一見きれいに生えているのですが、最初に見たときと若干角度が変わって見え、触ってみるとグラグラしました。


DSC_1361.jpg

げっ歯類の前歯は絵のように根が深く、実は外側から見える歯の倍以上の長さがあります。
なので、根っこの近くで折れてしまうと、今回のようにグラグラはするけど抜け落ちないという事態がおこりえます。

治療は歯はグラグラしていると痛いので抜いてしまい、痛み止めの薬を使い、伸びてくるのを「待つ」ことになります。

多くの子はやわらかいご飯や、液状のご飯を食べてくれるのですが、この子はまったく答えてくれず、治療6日目になってようやく前歯が伸びてきてくれました。
DSC_1355.jpg

写真が下手すぎますが、きれいに二本ともちょうどいい長さになってくれています。
小型げっ歯類の前歯が折れる原因はおそらく事故が一番多いのではないかと思います。
とびおりた、ぶつけた、はたまた落としてしまったなどですね。
今回の症例では幸いきれいに前歯が生えそろってくれましたが、これをきっかけに前歯の不整咬合になってしまうこともよくあります。

DSC_1357.jpg
今はしっかりご飯も食べ、キッチンペーパーもボロボロに
元気になってくれてよかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミニペットクリニック

Author:ミニペットクリニック
埼玉県川口市にあるエキゾチックアニマル専門の動物病院“ピジョンミニペットクリニック”と申します。
日々の出来事や病院の情報、豆知識など、病院スタッフが綴っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします☆

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。